WEBCM

WEB CMや、タクシー広告、サイネージなど、テレビCM以外にも動画を使った広告が増えてきています。動画は、認知を獲得するために欠かせないコンテンツになってきました。

本ページではCINEMATOが考えるCM制作のポイントを記載していきます。

動画の種類

獲得系CM

ユーザーの獲得を目的とした比較的広告色の強い動画広告です。企業のUSPを動画でわかりやすく伝え、興味喚起を促すことが可能です。

ブランディング系CM

ブランドイメージを動画で可視化することが可能です。比較検討せずに購入する商品などは、ブランド力が重要になるため

ブランディング動画の相談を受けるケースが多いです。

CINEMATOの商品説明動画のポイント

商品、サービスの魅力を理解する

貴社の商品、サービスの魅力は動画広告を作る際のアイデアの源泉になります。そのため、貴社の商品、サービスのことを徹底的に分析します。

ユーザーインサイトの分析

いきなり企画に入ることはせずにまずは、貴社のユーザーが何を求めているのかインサイトの分析から始めます。この分析では、定量と定性の両側面から分析し、偏りのない分析を行います。

ユーザーの視聴環境を加味した動画制作

テレビを見ている時と、YouTubeを見ている時を比較するとユーザーの心理状況が異なります。そのため、視聴環境に合わせ動画制作を心がけます。

ABテスト

動画制作にもPDCAが必要です。

動画も作って終わりではなく、データを見ながら運用していくことが大事です。そのため、CINEMATOでは動画を納品した後のABテストも行なっています。

地方テレビCM

地方のテレビCMなども多く相談を受けます。各地域の特性に合わせたCMの制作も可能です。

CONTACT


お問い合わせ
お問い合わせフォーム