03-6222-9737 平日10:00~19:00
(土日祝を除く)
お問い合わせ CONTACT
サービス紹介動画

近年多くの企業が自社サービス紹介動画を作成し、そのサービス紹介動画を自社WebページやYoutube、ソーシャルメディア(SNS)で発信しています。

この背景には、動画市場の成長に伴う企業の自社プロモーション強化や、サービス認知拡大の狙いが考えられますが、本来サービス紹介動画にはどんなメリットがあるのでしょうか?

本ページでは、これまでフリーランスとして100本以上の動画制作実績のある私が、サービス紹介動画のメリット、活用の方法を紹介していきます!!

では、早速まずはサービス紹介動画について知っていきましょう!

そもそもサービス紹介動画って?

サービス紹介動画とは、企業や個人の提供しているサービスを利用しているユーザーの姿を撮影したものや、自社サービスをアニメーションを駆使して紹介している動画を指します。以前までのサービス紹介の方法を振り返ると、写真やテキストを組み合わせて表現されることも多くありました。

しかし、近年企業の多くはテキストや写真での商品紹介方法から動画を通じてサービスの紹介をする方法へとシフトています。ではなぜテキストのサービス紹介から動画のサービス紹介へと企業は変化していっているのでしょうか?

「テキストより動画の理由」

動画が主流になるまで多くの企業は自社ホームページにサービスのイラストと共にテキストや写真で説明をしていることが一般的でした。しかし、動画のサービスが急速に近年発展し、サービス紹介動画作成におけるコストは大幅に減少。その結果、多くの企業がサービス紹介動画を、自社のアピール手段として活用しています。

テキストや写真よりも「動画」がいいのは伝達できる情報量が圧倒的に違うためです。写真がテキストの情報量の7倍と言われているなかで、動画は文字情報のなんと5000倍とのデータもあります。加えて、動画は音楽や編集の要素を総合的に含み、視覚だけでなく、聴覚に対しても魅力を伝えることが可能。

だからこそ動画は画像広告やテキストでは伝えきれない魅力を発信するための表現手段として多くの方に活用されています。テキストよりも動画にメリットがあるということを学んだ次は、サービス紹介動画が持つメリットについてみていきましょう。

サービス紹介動画にはどんなメリットがあるのか

「詳細をわかりやすく伝えることができる」

一つ目は、サービス内容及び概要の詳細をわかりやすく伝えることができること。先述したように、動画は写真やテキストよりも多くの情報を届けることができます。この部分はサービス紹介を行う上で最も大切なことと言えます。

サービス紹介動画における一番の目的はその紹介動画を通して、視聴者自らががサービスを利用する姿のイメージを醸成すること。そしてユーザーが購買行動に至る。この一連の行動がゴールとして挙げられます。

そのためにも、サービスが与える効果はもちろんのこと、映像を通してサービスや商品についてわかりやすく伝える必要があります。多くのサービス紹介の場合、複雑なシステムの説明や細かい詳細を届ける必要がありますよね。その場合、抽象的な表現が得意な実写動画よりも、具体的なサービスの利用ステップや使用方法などをわかりやすく段階的に表現できるアニメーション動画が最適だといえるでしょう。

「サービス紹介と共にブランディングが可能」

サービス紹介動画は会社のブランディングにおいても活かすことができます。

サービス紹介を動画で表現する事で細かなグラフィックや編集表現を加え、サービスの紹介と共に会社のイメージを連想させる動画を作成することもできるのでおすすめです。例えば、若年層をターゲットにするのであればグラフィックを使ってポップに仕上げることができますし、他にも流行りのシネマティックでクール仕上がりにする事も可能です。

ターゲットに合わせて動画の表現を変える事で会社に対するブランドイメージも大きく異なるからこそ、ターゲットの選定と自社のブランドイメージを明確にした上で制作に移ることが大切なことといえるでしょう。

逆に言えば、ターゲットの選定や伝えたいブランドイメージとは異なるサービス紹介動画を発信してしまうことで、自社のブランドイメージを一転してしまう場合もあるので気をつける必要があります。

サービス紹介動画構成におけるポイント

サービスを通して何を解決できるのかを明確にすること

サービスや商品は見方を考えれば全て顧客の問題や課題を解決するために存在します。そのサービス紹介動画がいくら面白いものでも、良いものだと感じてもらっても、そのサービスが何を提供することができるのかを感じとってもらわなければ意味がありません。

構成において、サービスがどんなニーズを解決できるのかを明確にすることが重要です。その部分を疎かにしたまま構成を進めることで、本来ユーザーの課題解決のために存在する商品や商品紹介動画の意味が薄れてしまいます。

今後自社サービス紹介動画作成を考えている方は、是非制作会社の方とサービスの役割とユーザーのニーズを明確にした上で制作を進めてみてください。

だれがみてもわかる動画であるか

いかに顧客の視点を持ち動画を制作することができるかが非常に大切です。ここまで記載したように動画には分かりやすく詳細を伝えることができるメリットがあります。そのメリットを活かし、誰がサービス紹介動画を見ても『理解できる→興味を持つ』という流れに繋げることができなければいけません。

常にユーザー視点を忘れず、『この動画は本当に顧客に対して伝えたいことを表現できているのか?』と繰り返し問いを立てながら動画制作を進めることが人々に刺さる動画を作るために重要なことといえるでしょう。

サービス紹介動画事例

ここまでサービス紹介動画のメリットや一方デメリットになりうる事を紹介してきました。ここからは私たちCinematoが制作した「サービス紹介動画」の実例を紹介します。

是非スタートからここまで記してきた内容を振り返りながら観てみてください!この記事を読み始める前よりも動画に対する見方が少し変わっていることに気が付くのではないでしょうか。

株式会社ポラリファイ

ポラリファイ独自の強みやブランドイメージを壊さないよう分かりやすイラストと共に音声説明を使い仕上げています。実写ではなかなか表現が複雑な部分もアニメーションにすることでわかりやすくみることができますね。

「株式会社EXIDEA」

EXIDEAが持つ最先端のブランドイメージを動画で伝えることのできるよう、モーショングラフィック活用し表現しています。企業のブランドイメージを壊さず複雑な部分も伝わりやすい表現になっています。

他にも実績を見たいという方はこちらのサービス紹介動画 制作実績一覧をご確認ください。

まとめ

サービス紹介動画作成をお考えの方はここまでサービス紹介動画について記してきました。今後は動画はじめ、サービス紹介動画は企業のビジネスを促進させていく上で非常に欠かせない存在になっていきます。

近年iPhoneやAndroidといったスマホのアプリで非常にクオリティーの高い動画を自作しアップすることが出来ますが、まだまだブランディングやサービス紹介動画における高度な必要技術は駆使することができません。

今回を通してサービス紹介動画に興味を持った方また、自社サービスの価値ををより多くの方に届けていきたいとお考えの方がいましたら是非一度Cinematoまでお気軽にお問い合わせしていただきたいと思っております。