03-6222-9737 平日10:00~19:00
(土日祝を除く)
お問い合わせ CONTACT
/ マガジン
ブランデッドムービーとは?新たな動画広告の形のメリットや事例を徹底解説。

ブランディングムービーのメリットや効果を徹底解説。

ブランデッドムービーとは?新たな動画広告のあり方

広告は嫌われている。と業界ではもう何年も言われ続けています。

これは、インターネットが普及してから多くのユーザーが感じていることなのではないでしょうか。

そんな市場の流れから生まれてきた新たな広告コンテンツのあり方。それがブランデッドムービーです。

市場では言葉だけが先行してしまい、ブランデッドムービーとは一体何か?ということが定義されないまま、名前だけが定着してしまいました。

ブランデッドムービーとは動画広告の表現方法のひとつで、従来の機能訴求型の広告と違い、広告色を極力減らしコンテンツ自体を見てもらうことを目的としています。

広告色をできる限り減らした演出でと聞くと果たして効果があるのか?と思われますが、実は、ユーザーのブランドに対するエンゲージメントを高める効果があるとごぞ存じでしょうか。

本記事では、ブランデッドムービーとはどんな動画か、他の表現方法と違いどんなメリットやポイントがあるのか詳細にご紹介します。

それでは、まずはブランデッドムービーとはなにかを確認していきましょう。

ブランデッドムービー(branded movie)とは?今、注目される理由。

brandedmovieの効果

ブランデッドムービーとは、ブランドイメージの構築と向上を目的とした動画広告を指します。

その特徴は、見る人の心を動かすことに注力した動画コンテンツであるということです。

従来は商品機能を訴求するためのコンテンツがほとんどでしたが、ブランデッドムービーはコンテンツ自体を見て、ユーザーの心を動かすことが重要です。

コンテンツの中で自然な形で商品を紹介することで、間接的にブランド訴求するような効果があります。

冒頭でお伝えした通り、市場ではブランデッドムービーという言葉でてきたものの、動画広告との違いも曖昧なまま言葉だけが定着してしまいました。

では、ブランデッドムービーと動画広告は何が違うのでしょうか

動画広告との違いは?

動画広告との違いというよりも、「ブランデッドムービーは、動画広告の一種である」と捉えることが重要です。

動画広告には、ユーザーを獲得するための広告もあれば、WebCMのような短尺ものの動画広告もあります。

ブランデッドムービーは、その動画広告の中の一つの表現方法です。

通常の商品訴求型の広告は、ユーザーが受動的に情報を受取るのに対して、ブランデッドムービーはユーザーが能動的に情報を受取るという点で違いがあります。

では、なぜそのようなブランデッドムービーが注目を浴びるようになったのでしょうか。

ブランデッドムービーが注目される理由

サイバーエージェントが調査した結果によると、2017年には1,374億円だった動画広告市場は、2020年には2倍以上となる2,900億円規模へ成長。

さらには、2024年までに約5,000億円規模の市場になると予測されています。

動画広告の重要度が増々高くなる中で、なぜブランデッドムービーのような表現方法が注目を浴びるようになったのでしょうか。

ユーザーが機能訴求型の広告を嫌うようになった

ユーザーは今までのような「ただ商品やサービスを押し売りするタイプの広告コンテンツ」は見なくなっています

一方で、良質なコンテンツは視聴する傾向にあるため、ブランデッドムービーのような直接商品を訴求しないタイプの動画が注目されるようになりました

そこで登場したのが、機能訴求をしないブランデッドムービーです。

ブランドにエンゲージメントしてもらいやすくなる

近年では顧客獲得コストの観点から見て、ユーザーを新たに獲得するよりも、一人あたりのLTV(顧客生涯価値)を向上させることが重要になってきました。

LTVを向上させるのに大事なのは、ブランドの商品を何度も購入する頻度をあげてもらうこと。

これを達成するには、単なる機能訴求ではなくブランド訴求を中心としたブランデッドムービーが効果的です。

なぜ機能訴求ではなくなったのか。その理由は、物がコモディティ化し、単純に機能では差別化できなくなったからです。

そんな環境下では、ブランドのイメージで差別化を図る必要ができました。

そこで、ブランドにエンゲージメントしてもらいやすくなるブランデッドムービーが注目されるようになったのです。

また、その特性からブランデッドムービーは特に大手企業から採用されるようになりました。

大手企業はすでに認知度が高いことが多いため、認知度をあげる事よりも、そのブランドへのエンゲージメントをあげ、購買頻度やLTVをあげたいと思うクライアントが多いからです。

以上、ブランデッドムービーが注目される理由を紹介いたしました。

では、ブランデッドムービーを導入することでどのようなメリットや効果があるのでしょうか?

動画の効果とメリット

ここでは、ブランデッドムービーを導入することで得られるメリットやその効果を確認していきましょう。

ブランデッドムービー導入のメリット

ブランデッドムービーには、どんな効果があるのかそのメリットを確認していきましょう。

接触回数が増え、ユーザーに好印象を与えられる

ブランデッドムービーは、商品を直接訴求するような動画ではありません。

ユーザーが見たくなるような良質なコンテンツであれば、自然と接触時間・回数が増えることになります。

接触回数が増えると良い理由は、好印象を抱くようになるという効果があるからです。

心理学で単純接触効果といい、初めのうちは興味がなかったことに対しても、接触回数が増えると自然に好印象をいだくようになるようもの。

自然と見てしまうようなブランデッドムービーが、ブランドへの印象を良いものへと変化させる要因となるのです。

コンテンツ自体に価値があるため、拡散性がある

ブランデッドムービーは共感性の高い内容に仕上げ、コンテンツ自体を見て楽しめるような内容です。

ユーザーは自分が見て楽しんだら、次は誰かに見てもらいたい、おすすめしたいという心理が働き、SNSなどで拡散されやすくなるメリットがあります。

ユーザーが勝手にコンテンツを広めてくれるということは、広告費をかけなくても多くの人の目に留まるというところがポイントです。

自然に伝えたいメッセージを伝えられる

ユーザーの生活に溶け込み、不快感なく企業メッセージを伝えることができるのもブランデッドムービーのメリット

ただメッセージを伝えるとどこか押し付けられたような印象を受けますが、ブランデッドムービーであれば能動的に情報を受け取ってもらえるので自然にメッセージを伝えられます。

以上、ブランデッドムービーのメリットをお伝えしました。

前述の通り、ブランデッドムービーは広告を見て直接的に商品を購買するタイプの広告ではありません。

ではなぜ効果があると言えるのか、効果測定方法を紹介いたします。

効果測定方法

ここでは商品の購買や来店という、直接的な成果を計測できないブランデッドムービーの効果を計測する指標を紹介いたします。

SNSでのUGCやブランド指名検索数の増加

SNSでブランドの言及が増えた、ブランド名の指名検索が増えたような場合、ブランデッドムービーの効果が現れたと言えます。

ブランデッドムービーを見て、ブランドに興味を持った人がSNSで情報発信したり、ブランドのことをもっと知りたいと指名検索が増えるという形でユーザーの行動に変化が現れます。

購買単価

一度に商品を買う量や単価の高い買い物が増えた場合も、ブランデッドムービーの効果があったと言えます。

ユーザーがたくさんのお金を払ってもよいと考えるのは、ブランドに対して信用や共感を持っているときです。

もし、高いブランド商品を買うとすれば、なぜその商品を買いたいと思いますか?

おそらく、ブランドの考え方、コンセプト、品質、デザインなど、そのブランドが持つ要素に共感したからこそ、高いお金を払ってでも使いたいと思えたのではないでしょうか。

このように購買単価でもブランデッドムービーの効果を測定することができます。

1ユーザーの購入頻度変化

上記に近いですが、ブランドへの共感がなければ購入頻度は急に変わりません。

すでに顧客になっているユーザーの心理状況が、もっと「このブランドから買いたい」という変化があったとき、購入頻度という形で効果が現れます。

以上、ブランデッドムービーの効果や、その測定方法を紹介いたしました。

続いては、どのようなシーンでブランデッドムービーを活用するのがよいかの確認していきましょう。

代表的なブランデッドムービー事例

実際にどのような企業が導入しているのか、その事例を確認していきましょう。

ティファニー✕ゼクシィ ティファニーブルー

2017年に公開されてから、2020年9月現在、シリーズ第3弾まで出ているブランデッドムービー。

概要 約6分間のショートフィルムのようなコンテンツになっています。

料理人の彼氏とOLの彼女。二人が時間がなかなか合わない中、すれ違いながらもプロポーズするまでのストーリーを描いています。
動画のポイント この動画のポイントは、リアリティと共感性。実際にこのようなすれ違いや、中々会えないというカップルはとても多く、自分のことのように見てしまうような内容です。

そんな女性が、辛いながらも彼を応援し、会えないことを我慢している様子、感情を見事に表現しています。

映画のような引き込まれるストーリーの最後に、さりげなくティファニーの店舗と指輪を出しているところがポイントです。

まさにプロダクトをおすのではなく、コンテンツ自体の品質を高くすることに成功しています。

このブランデッドムービーは、Youtubeでは6000を超えるいいね数を獲得している他、SNSでも多数のコメントで溢れており高評価を得ているのがわかります。

Apple Three minutes

2018年に公開されたappleのCMです。中国の旧正月に合わせて撮影されたこのCMは、実話に基づいて制作されています。

概要 中華圏の人々にとっては、旧正月は1年で最大のホリデーシーズン。

基本的に多くの人が家族と過ごす休暇期間だが、その女性は旧正月を息子となかなか一緒に祝うことができず、毎年彼女の姉妹に息子の世話を頼んでいるという状況です。

ある年の春節の数日前、息子の世話を頼んでいる姉妹から彼女の元に連絡が来ました。

春節の日に、列車が彼らの住む街の駅に通るタイミングを見計らって、息子を母親に合わせるべく駅のホームにまで連れて行くといいます。

しかし、親子に許された時間は、列車がその駅のホームに停車できるおよそ3分間。

春節当日、予定の時間前に駅のホームに到着して母親が動かす列車を待つ息子だが、そこにはホリデーシーズンということもあって、ごった返すほど沢山の人々が集まっていました。

果たして、その人混みのなかで母親とその息子は再会することができるのでしょうか。

動画のポイント このCMは、実は当時発売された最新作であるiphone Xのみで撮影されたということ。

つまりスマホだけで撮影しているのですが、それを感じさせないまるで映画のような出来上がりです。

このブランデッドムービーでは、そこにプロダクトのすごさを表現しています。

コンテンツ自体の品質を極限まで高め、それを実現させているのがappleのスマホだけという落ち。

プロダクトを訴求していなくともプロダクトの凄さがわかるという、お手本のようなブランデッドムービーです

以上、事例を紹介しました。通常の動画広告との違いをおわかりいただけたのではないでしょうか?

続いては、こののようなブランデッドムービーを制作する上でのコツや注意点をご紹介いたします。

共感される動画制作のコツや注意点

ブランディングムービー制作のコツ

ここでは、ブランデッドムービーを制作する際のコツや、注意点を紹介いたします。

プロダクト訴求を排除する

企業としてはマーケティングパフォーマンスを求めたいがあまり、機能訴求を入れたくなります。

しかし、ユーザーは機能訴求を求めていません。ユーザーが求めているのは、良質なコンテンツです。

従来、機能訴求して成果を出してきた企業にとって、あえて機能訴求を入れないブランデッドムービーは効果が現れるまで耐えどころと感じるでしょう。

もし耐えることが難しいのであれば、ブランデッドムービーを制作することはおすすめしておりません。

ブランデッドムービーでは、プロダクト訴求を排除するように心がけることが成功のコツになります。

訴求点を一つに絞り込む

動画制作でよくあるのが、企業側が伝えたいことを色々と入れたくなってしまうことです。

しかし、実際は伝えたいものを入れれば入れるほど何も伝わらなくなります

絶対に伝えたいコンセプトを明確にし、それが伝わるためにどのようなコンテンツにすれば良いかを考えることが重要です。

ユーザーの関心事から企画を考える。

ブランデッドムービーは通常の動画広告と違い、よりユーザー視点が強く求められます。

なぜならユーザーが好むコンテンツを作らなければ、そのコンテンツ自体見らてもらえないからです。

ユーザーの関心ごとと、その企業のブランドコンセプトをどうつなげるか?ここがブランデッドムービー制作の最も大切なポイントです。

まとめ

新たな広告の形「ブランデッドムービー」。良質なコンテンツであれば、拡散されやすく多くのユーザーに知ってもらうチャンスが生まれます。

ユーザーとの接触回数が増えることで好印象を受けやすいのも特徴の一つです。

ブランデッドムービーは、企業の伝えたいことを直接訴求するのではなく、間接的に伝えることでユーザーのエンゲージメントを高めることができます。

ユーザーの心を掴むことで、結果的に商品の購買頻度が高くなる効果もあるのです。

Appleなどの世界的企業も採用するブランデッドムービーは、今注目されている広告の一つと言えることがわかって頂けたのではないでしょうか?

もし、共感を生むブランデッドムービーの制作をご検討中なら、CINEMATOまでご相談ください

CINEMATOでは、年間100本以上の動画クリエイティブを作成している動画プロデューサー陣が、御社のブランディングに最適な動画広告を提案いたします。

経営コンサルタント出身メンバーの課題創出力と、確かな動画広告運用実績で、ブランデッドムービーを制作から運用まで徹底的にサポートいたします。

相談には料金を頂いておりませんので、まずは気軽にご相談ください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。