03-6222-9737 平日10:00~19:00
(土日祝を除く)
お問い合わせ CONTACT
採用動画

最近では、採用目的で動画を活用したいというお客様も増えてきましたが、どのような動画制作をしたらいいのかわからないなどのお声を多くいただきます。

そこで、ここでは採用動画のメリットや、動画制作の際のポイントなどを紹介していきます。

採用動画のメリット

会社の雰囲気を伝えられる

テキストだと中々伝わりづらい会社の雰囲気も、採用動画であれば伝えることができます。

【参考動画】

動画だと事業内容がわかりやすい

視聴者が大学生など、ビジネス経験の少ない相手である場合、中々自社の事業の魅力などを理解してもらうことは難しいと思います。採用動画を活用すると、動きを加えながら紹介することができるため、知識GAPがある相手でも理解してもらいやすいです。

【参考動画】

採用動画があれば遠方の方に向けて自社の説明ができる

自社と離れた地域に住んでいる求職者は、中々説明会などに足を運べないと思います。

そんな時に会社を紹介する採用動画があると、わざわざ足を運んでもらわなくても、会社の説明をすることができます。

【参考動画】

採用動画を制作する際のポイント

採用動画を制作する際のポイントは、「自社の魅力を理解している」こと「採用したいペルソナ像が明確である」こと「どの先行フローで活用するのか」を把握した上で採用動画を作ることが重要になってきます。

それぞれにフォーカスして解説していきます。

自社の魅力を理解する

当然ですが、自社の強みが何なのかを理解した上で採用動画を制作する必要があります。

自社の魅力が従業員であるのであれば、社員インタビューなどが候補に上がると思いますし、自社の魅力が事業などであれば、事業紹介動画などが候補に上があります。

採用したいペルソナ像を明確にする

コンテンツはターゲットに伝わるように表現することが重要なため、ペルソナ像を明確にしておく必要があります。

  • 仕事に対する考え方
  • 会社に求めていること
  • 日常で大事にしている価値観
  • スキルセット
  • 年齢
  • 大学
  • 現存の職場
  • 中途の場合は転職する理由

どの選考フローで活用する採用動画なのかを理解する

採用フローは一般的に下記の流れになると思います。

  1. 求職
  2. 初回接触(説明会、ミートアップ、面談など)
  3. 面接
  4. 内定
  5. 内定承諾

このフローに合わせてそれぞれ制作すべき採用動画は異なってくるのでどのフローで採用動画を検討しているのかは明確にしておく必要があります。

上記をそれぞれ理解しておくことによって、理想の求職者に響きやすい採用動画を制作することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

採用動画には「会社の雰囲気が伝えられる」「事業内容がわかりやすい」「遠方に向けての説明ができる」などのメリットがあります。

制作する際には、ただかっこいい採用動画を作るのではなく、「自社の魅力を理解している」こと「採用したいペルソナ像が明確である」こと「どの先行フローで活用するのか」を捉えて、求職者に届きやすい採用動画づくりを心がけましょう。