03-6222-9737 平日10:00~19:00
(土日祝を除く)
お問い合わせ CONTACT
/ マガジン
アニメーション動画の料金相場を徹底解説。【費用を抑えるコツ】

アニメーション制作の平均費用や相場を徹底解説

アニメーション制作の料金相場と制作費用削減のコツ

動画広告やSNS、イベントなど、至るところでアニメーション動画の導入が増えています。

実写映像や3DCGなどと比較すると料金相場が安いアニメーション動画。低価格ながら、サービスをわかりやすく解説でき、理解を深めやすいと人気を集めています。

そんなアニメーション動画を検討中ならば、効果は高く、コストパフォーマンスのよい依頼をしたいですよね

ただ、相場が安いと言われるアニメーション動画ですが、その種類は一括りにはできず、様々な表現方法が存在するのも事実。動画の種類ごとに、料金相場が変わってきます。

アニメーション動画を適切な価格で依頼するならば、相場を知り、費用を抑えるコツを知っておきたいところです

そこで、この記事では、アニメーション動画の種類ごとに料金相場を詳しく解説するほか、料金を安く抑えるコツをご紹介いたします。

まずは、アニメーション動画の種類別の相場と、制作期間を確認していきましょう。

【種類別】アニメーション動画の相場と制作期間

アニメ制作の相場と制作期間

アニメーション動画にはどんな種類があるのでしょうか。
初めに、それぞれの特徴と料金相場、制作期間の目安を確認していきましょう。

6種のアニメーション動画相場

アニメーション動画を以下の6種類に分類して、それぞれの簡単な特徴と、相場金額をお伝えしていきます。

  • スライドショー
  • モーショングラフィックス
  • 3DCG
  • ホワイトボードアニメーション
  • キャラクターアニメーション
  • フルアニメーション

これら6つの各アニメーション動画の特徴や事例をご紹介していきます。

スライドショー

スライドショーはその名の通り、イラスト自体を動かすのではなく、各カットを繋いだ動画です。

編集作業が比較的容易で、制作期間が短いため、料金相場は安くなる傾向にあります。

主に、サービス紹介やSNSで流す短尺のWebCMなどで使われることが多いアニメーション動画です。

参考動画

料金相場 10~20万円
制作期間 1週間〜2週間

モーショングラフィックス

アニメーション動画で、一般的に用いられる手法です。親しみやすいイラストで、サービスの仕組みや特徴をわかりやすく説明することができます

近年新しいサービス形態として注目を集めている、クラウドやSaaSなど、内容自体が複雑でわかりにくいサービスを説明する際に、おすすめの表現方法です。

モーショングラフィックスでは、相場に大きな幅があります。イラストをベクター素材として購入するパターンと、オリジナルでイラストを作成する場合で金額が変わるので注意しましょう。

参考動画

料金相場 40~200万
制作期間 1ヶ月半~2ヶ月

3DCG

3DCGは、名前の通りCG技術を用いた映像表現方法です。
3D空間のなかで、立体的に製品を紹介することができます

様々な角度で表現することができるため、空間全体を紹介したい不動産業や製品自体を様々な角度で紹介したいメーカー系の企業におすすめの表現方法です。

また、製品の構造や機能性を紹介するだけでなく、ストーリー番組のような演出を作ることができます。

参考動画

料金相場 200~500万
制作期間 2~3ヶ月

ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードに、テロップを載せて紹介していくアニメーション動画です。

ストーリー紹介や書評、学習コンテンツなどで利用されることが多い動画になります。

ホワイトボードアニメーションの大きな特徴は、テロップ。

ポイントを説明したり、理解を促進する必要があるコンテンツで力を発揮します

参考動画

料金相場 50~100万
制作期間 1ヶ月

キャラクターアニメーション

キャラクターアニメーションは、その企業オリジナルのキャラクターを制作し、オリジナル楽曲などと合わせて表現する方法です。

コモディティ化する業界の中で、キャラクターを使ったマーケティングを行い、他社よりも認知や想起率をあげたていきたいという企業様が多く利用する傾向にあります

キャラクターの動きや耳に残る楽曲、ナレーションを使用することで視聴者の記憶に残りやすくすることができます

また、最近では動画内の振り付けがTik tokなどで真似をされ、拡散されるというような流れも増えています。

参考動画

料金相場 150万円〜
制作期間 2ヶ月

フルアニメーション

フルアニメーション動画は、近年注目されている映像表現手法。その最大の特徴は、何よりも映像美です。

一目見た瞬間から、その世界観に引き込まれる力を持っています

その特徴から、ブランドコンセプトや世界観をユーザーに伝えていきたいと思っている企業におすすめです。

ターゲットユーザーが感じる共感性を考え、そのストーリーに引き込む演出をすることが重要になります。

かかる工数が多く相場は少し高くなりますが、フルアニメーションで表現されることにより、他社にはない印象を与えることができるため、話題性や拡散性を狙うことも可能です

参考動画

料金相場 300万円〜
制作期間 3~6ヶ月

以上、アニメーション動画1本の制作にかかる料金相場を、ジャンルごとに紹介しました。

続いて、参考までにアニメーション制作の「どの作業に」「いくら費用がかかっているのか」、簡単に紹介いたします。

アニメーション動画の作業別、制作費用

アニメーション動画の制作は大きく6つの作業に分けることができます。

依頼内容を限定することができれば、必要になる費用は変化します。以下のテーブルをご確認ください。

企画構成費 10~20万円
ディレクション費 10~50万円
イラスト作成費 10~50万円
編集費 20~100万円
ナレーション費 5~10万円
BGM、SE(Sound Effect) 5万円

見積もり時には、上記を参考に費用項目を確認し、理由なく相場以上に請求されていないか確認していただければと思います。

以上、アニメーション動画の作業別に費用相場をご紹介いたしました。

おおよその相場はご理解いただけたかと思います。

アニメーション動画のメリットや制作フローなどについてもっと知りたいという方は、下記のページをご覧ください。

ここまでの情報を踏まえて、「もっと具体的な相場感と、実際に納品されるアニメーション動画を知りたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、続いては、実際に弊社が制作した動画とその相場をご紹介いたします

【費用別】弊社制作の動画事例

ここでは、弊社が制作した動画の実例をご紹介します。

同様のアニメーション動画を作ろうとお考えになった場合は、動画の下に記載のある相場を参考にしていただければ幸いです。

Emma Tools™️サービス紹介映像


このアニメーション動画は、モーショングラフィックスで表現されています。

AIサービスの機能だけでなく、グローバルでのサービスブランドを意識しているため、写真素材を使い、映像にクールな印象を与えています。

料金相場 50-80万円
制作担当範囲
  • 企画
  • 編集
  • ナレーション

東京海上アセットマネジメント株式会社_東京海上・宇宙関連株式ファンド紹介動画


こちらの動画は注目されるファンドの内容を紹介しています。

ターゲットは株主や投資家になってくるため、そのファンドがなぜ注目されメリットがあるのかを訴求することが重要です。

そのためマーケット情報から紹介することで必要性を喚起した後に、そのファンドの特徴や他社にはないポイントをわかりやすく紹介しています。

料金相場 100-150万円
※尺が非常に長く、一部3D表現があるため)
制作担当範囲
  • 企画
  • 編集
  • ナレーション

独立行政法人中小企業基盤整備機構_WEBeeCampus紹介動画


こちらの動画は、一般的なアニメーション動画になります。

サービスをわかりやすく紹介するために、余計な演出やイラストは入れず、シンプルにわかりやすく表現されています。

また、スピーディなカット割で演出することで、web動画のデメリットである離脱を防ぐ効果を狙っています。

料金相場 50-70万円
制作担当範囲
  • 企画
  • イラスト作成
  • 編集

以上、アニメーション動画の事例を紹介しました。

次は、アニメーション動画制作の依頼で失敗をしないために、料金相場に関する注意点を確認しておきましょう。

アニメーション動画の料金相場に関する注意点

アニメーション動画制作の料金相場における注意点

ここでは、アニメーション動画の料金や相場に関わる注意点をご紹介します。

依頼する際に、「料金が思ったより高かった」とならないように、事前に注意点を知っておくことが大切です。

尺を意識する

アニメーション動画の料金に最も影響を与えるもの、それは、動画の尺です。

尺が長くなればなるほど、制作するイラスト量や編集作業量が増えるため価格も高くなります

また、web動画では尺が長くなると離脱も起こりやすくなります。

一般的に理想的と言われている長さは90秒以内。web動画の場合は、料金的なハードルはクリアしていても、それ以上は長くならないように注意しましょう。

制作したイラストの著作権と利用範囲を確認する

動画制作の際に作成したイラストの著作権は、基本的に制作者側に帰属します

もし、イラストをパンフレットやwebサイトで使用したいなどの要望がある際には、イラストの著作権を買取る必要があるため、最初の契約時に料金に含まれているか注意しましょう。

修正依頼の金額を事前に確認する

アニメーション動画のメリットの一つに、修正を依頼しやすいということがあります。

サービス内容や訴求ポイントを変更した際にも、比較的容易に修正可能です。

ただ、修正する際、自由に編集をしていいわけではありません。修正する箇所のナレーション修正や前後の繋がりも考慮した上で修正範囲を決める必要があります。

修正範囲によって修正費用が変わるため、制作会社に相談し、事前に見積もりを取ることをおすすめいたします。

以上、トラブルを避けるために知っておきたい、相場の注意点をご紹介いたしました。

注意点がわかったところで、最後に、アニメーション動画を安く依頼するコツを確認しておきましょう。

費用を安く抑え依頼するコツ

動画制作費用は、やはり少しでも安いほうが嬉しいものですよね。

ここでは、アニメーション動画の料金を低く抑える方法をご紹介いたします。

企画コンテを担当する

企画コンテとは、簡単に説明すると動画ストーリーの脚本のようなもの。動画制作において、企画コンテ作成は重要なポイントです。

サービス紹介動画などでは、シナリオに型があります。その型を覚えてしまえば、ある程度のシナリオをつくることは可能です。

動画制作に慣れたら、シナリオと企画は自社で考え、編集作業のみの依頼にすることで価格を抑えることができます

イラスト素材を提供する

アニメーション動画制作の料金相場は、映像を作るためのイラスト素材を自分たちで用意するか、イラスト販売サイトで購入するかどうかで大きく変わります。

web制作やパンフレット制作した際のイラスト素材などがあれば、それを提供して料金を安価に抑えることが可能です

また、単純に料金相場を抑えられるだけでなく、自前でイラストのaiデータを提供し、アニメーション動画に活用することで、ブランドの世界観を統一させることもできます。

尺を短くする

アニメーション動画の料金相場を安く抑えるポイントは、動画の尺を短くすることです。

尺が長くなればなるほど、編集にかかる工数も増え、金額は上がってしまいます。

尺の長さを60~90秒を軸にすれば、内容が伝わりやすく、かつ料金相場も抑えることが可能です。

まとめ

  • 企画コンテを担当する
  • イラスト素材を提供する
  • 尺を短くする

以上、アニメーション動画の料金相場を抑えるポイントをご紹介しました。

アニメーション動画の効果を上げるために、何が必要で、何が必要ではないかを明確にしましょう。

信頼できる制作会社に相談すれば、効果が高く相場は安い、コストパフォーマンスのよいアニメーション動画を制作可能です。

アニメーション制作するならCINEMATOまで

前述の通り、アニメーション動画の料金相場は、他の映像表現方法と比較すると低価格

初めての動画制作を検討中の企業にも人気の高い動画です。

また、効果の高さにアニメーション動画をリピートされる企業も多数いらっしゃいます。

相場は安いに越したことはありませんが、「導入した動画がどのような結果をもたらすか」を意識して依頼するのがポイントです。

例えば、100万円分の経費削減効果がある動画に50万円の制作費用を払うのか。それとも、10万円の経費削減効果のある動画に20万円の制作費用を払うのか。この場合は、言わずもがな前者のほうがお得ですよね。費用だけでなく、見込める効果も踏まえた判断をしていくようにしましょう。

CINEMATOでは、コンサル出身のメンバーが経営課題の把握した上で、効果の高いアニメーション動画をご提案いたします。

また、実績のあるクリエイター様と協業し、一般的な相場よりもリーズナブルにアニメーション動画を制作致します

ご相談に費用はかかりませんので、まずはお気軽にご相談ください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。