03-5579-9934 平日10:00~19:00
お問い合わせ CONTACT
BtoBマーケ担当者の87.7%が、「今後顧客の声(VoC)の活用が重要になる」と回答。一方、約3社に1社は、部署を横断してVocの活用ができていない状況 〜「VoCの重要性が理解されていない」(37.5%)など、課題実態が明らかに〜

動画マーケティング総合支援サービス「CINEMATO(シネマト)URL:https://cine-mato.com/」を運営する株式会社EXIDEA(本社:東京都墨田区、代表取締役:小川卓真、以下EXIDEA)は、BtoB事業を行っている企業のマーケティング担当者106名を対象に、「顧客の声(Voice of Customer)活用」に関する実態調査を実施いたしましたので、お知らせします。

調査概要

調査概要:「顧客の声(VoC)活用」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年2月3日〜同年2月5日
有効回答:BtoB事業を行っている企業のマーケティング担当者106名

自社サービスに対する「顧客の声を収集出来ている企業」は、43.4%答

「Q1.お勤め先では、マーケティング設計の中で、サービスに対する顧客の声(VoC)を十分に吸い上げることができていますか。」(n=106)と質問したところ、「ほとんどできていない」が12.2%、「あまりできていない」が38.7%という回答となりました。

・ほとんどできていない:12.2%
・あまりできていない:38.7%
・ややできている:29.2%
・かなりできている:14.2%
・わからない/答えられない:5.7%

顧客の声の収集方法は、「営業現場」が67.4%で最多

Q1で「かなりできている」「ややできている」と回答した方に、「Q2.顧客の声(VoC)を、どのような方法で吸い上げていますか。(複数回答)」(n=46)と質問したところ、「営業現場」が67.4%、「顧客インタビュー」が39.1%、「顧客へのアンケート」が39.1%という回答となりました。

・営業現場:67.4%
・顧客インタビュー:39.1%
・顧客へのアンケート:39.1%
・電話・メールなどのコンタクトセンター:34.8%
・SNS:28.3%
・インターネットリサーチ:23.9%
・定量データ(購買データ・契約データなど):13.0%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:2.2%

約3社に1社は、吸い上げた顧客の声を、部署を横断して活用できていない現状

Q1で「かなりできている」「ややできている」と回答した方に、「Q3.吸い上げた顧客の声(VoC)を、部署を横断して活用することができていますか。」(n=46)と質問したところ、「ほとんど活用できていない」が4.5%、「あまり活用できていない」が30.4%という回答となりました。

・ほとんど活用できていない:4.5%
・あまり活用できていない:30.4%
・やや活用できている:43.5%
・かなり活用できている:21.6%
・わからない/答えられない:0.0%

部署を横断して活用できていない理由は、「社内で重要性が理解されていない(37.5%)」や、「社内に活用ノウハウがない(31.2%)」

Q3で「ほとんど活用できていない」「あまり活用できていない」と回答した方に、「Q4.顧客の声(VoC)を、部署を横断して活用できていない理由を教えてください。(複数回答)」(n=16)と質問したところ、「社内で顧客の声(VoC)の重要性が理解されていないから」が37.5%、「社内に活用ノウハウがないから」が31.2%、「顧客・自社ビジネスに理解が深いCMOがいないから」が18.8%という回答となりました。

・社内で顧客の声(VoC)の重要性が理解されていないから:37.5%
・社内に活用ノウハウがないから:31.2%
・顧客・自社ビジネスに理解が深いCMOがいないから:18.8%
・部署を超えて連携するための組織体制ができていないから:18.8%
・営業部門が協力してくれないから:12.5%
・その他:12.5%
・わからない/答えられない:6.2%

その他に「関わる人数が多すぎるため」や「営業同士の中で連携が取れていない」なども、部署を横断して活用できていない原因に

Q4で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q5.Q4で回答した以外に、顧客の声(VoC)を部署を横断して活用できていない理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=15)と質問したところ、「関わる人数が多すぎるため」や「営業同士の中で連携が取れていない」など7の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・33歳:関わる人数が多すぎるため。
・44歳:営業同士の中で連携が取れていない。

顧客の声を活用している部門は、「営業」が66.7%で最多

Q3で「かなり活用できている」「やや活用できている」と回答した方に、「Q6.社内のどこで顧客の声(VoC)を活用しているか教えてください。(複数回答)」(n=30)と質問したところ、「営業」が66.7%、「カスタマーサクセス」が46.7%、「システム開発」が43.3%という回答となりました。

・営業:66.7%
・カスタマーサクセス:46.7%
・システム開発:43.3%
・経営陣:6.7%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%

87.7%の企業が、「今後のマーケティング戦略として、顧客の声の吸い上げ・活用は重要になってくる」と回答

「Q7.あなたは、今後のマーケティング戦略として、顧客の声(VoC)の吸い上げ・活用は重要になってくると思いますか。」(n=106)と質問したところ、「かなりそう思う」が41.5%、「ややそう思う」が46.2%という回答となりました。

・かなりそう思う:41.5%
・ややそう思う:46.2%
・あまりそう思わない:5.7%
・全くそう思わない:4.7%
・わからない/答えられない:1.9%

顧客の声(VoC)の吸い上げ・活用を重要視する理由として、「顧客満足度の向上につながるから」が72.0%

Q7で「かなりそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q8.今後、顧客の声(VoC)の吸い上げ・活用が重要になってくると思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=93)と質問したところ、「顧客満足度の向上につながるから」が72.0%、「サービス改善につながるから」が45.2%、「新サービスにつながるから」が39.8%という回答となりました。

・顧客満足度の向上につながるから:72.0%
・サービス改善につながるから:45.2%
・新サービスにつながるから:39.8%
・マーケティング設計の起点となるから:32.3%
・顧客解像度をあげたいから:30.0%
・その他:3.2%
・わからない/答えられない:1.1%

他にも「顧客が気づいていない次のニーズを探る必要があるから」や「顧客の声を反映して新しい最新の開発をするため」などの理由も

Q8でわからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q9.Q8で回答した以外に、今後、顧客の声(VoC)の吸い上げ・活用が重要になってくると思う理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=92)と質問したところ、「顧客が気づいていない次のニーズを探る必要があるから」や「顧客の声を反映して新しい最新の開発をするため」など42の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・37歳:顧客が気づいていない次のニーズを探る必要があるから。
・44歳:顧客の声を反映して新しい最新の開発をするため。
・35歳:差別化につながる。
・33歳:よりパーソナルなものが重要視されていくと思うから。
・28歳:顧客ロイヤリティ獲得が最終的に会社の利益にも繋がるから。
・39歳:顧客が今何を必要としているか理解したいから。
・31歳:自社の立ち位置や評価を得ることで、そこからの新設計やどこの人材が足りていないかのヒントにできる。
・38歳:顧客に寄り添ったサービスが必要。

まとめ

今回、BtoB事業を行っている企業のマーケティング担当者106名を対象に、「顧客の声(VoC)活用」に関する実態調査を実施しました。

まず、勤め先のマーケティングにおいて、サービスに対する顧客の声を収集出来ている企業は43.4%に留まっていることが判明しました。そこで、顧客の声を収集出来ている企業へ収集方法を伺ったところ、「営業現場」が67.4%で最多でした。

一方で、サービスに対する顧客の声を収集できた企業でも、約3社に1社は吸い上げた顧客の声を、部署を横断して活用できていない実態も明らかに。その理由を伺ったところ、「社内で重要性が理解されていない(37.5%)」や、「社内に活用ノウハウがない(31.2%)」などが挙がり、他にも「関わる人数が多すぎるため」や「営業同士の中で連携が取れていない」などが原因として挙げられました。また、サービスに対する顧客の声を収集できているマーケティング担当者へ、「顧客の声を活用している部門」を伺ったところ、66.7%の企業が「営業部門」と回答しました。

最後に、今後のマーケティング戦略として、87.7%の企業が「顧客の声の吸い上げ・活用は重要になってくる」と回答しており、72.0%が、「顧客満足度の向上につなげる」ために、顧客の声の吸い上げ・活用を重要視していることが分かりました。他にも、「顧客が気づいていない次のニーズを探る必要があるから」や、「顧客の声を反映して新しい最新の開発をするため」などの理由も見受けられました。

今回の調査では、多くのマーケティング担当者が顧客の声(VoC)を重要視しているものの、収集したデータを活用しきれていないケースが多いばかりか、収集自体できていないケースも少なくないことが判明しました。営業部門では顧客との関わりが深いため、営業担当者からの情報の吸い上げから各部署への伝達、事業への活用までを連動させられるような施策が必要だと言えるでしょう。そのためにも、社内にてVoC活用のためのスクラムチームを構築したり、専門家のアドバイスを取り入れることによって、サービスの差別化や新商品の開発、顧客との信頼関係構築などに繋がる好循環が実現するのではないでしょうか。

CINEMATOとは

コンサルティングによる課題の発見と目標設定、ハイクオリティな動画クリエイティブ。
動画マーケティング戦略に基づいた動画制作・映像制作サービスで、成果を生み出します。
累計700本以上の豊富な動画制作・映像制作実績があります。サービス紹介動画、採用動画、マニュアル動画、会社紹介動画、インタビュー動画、アニメーション動画など、用途・目的ごとに参考活用していただけます。またお客様の業界や予算、目的に合わせた動画制作事例も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。(https://cine-mato.com/)

「VoCマーケティング」の必要性とメリットとは?解説資料のDLはこちらから
https://cine-mato.com/whitepaper/materials/12471/

会社概要

会社名:株式会社EXIDEA(https://exidea.co.jp/)
所在地:東京都墨田区本所一丁目4番18号
代表者:小川 卓真
設 立:2013年5月
資本金:1,500万円(2021年4月末現在)
事業内容:SEOライティングツール開発提供、SEOコンサルティング、動画制作・動画マーケティング、Webメディア運営、Webコンサルティング、Web広告運用、LPOサービス

本件に関するお問い合わせ先

株式会社EXIDEA
コンテンツマーケティング事業部
担当:塩口・熊谷・鈴木
TEL:03-5579-9934(祝日を除く平日の10時~19時)
E-mail:info-ex@exidea.co.jp
問い合わせ窓口:https://cine-mato.com/contact/

動画制作・映像制作サービスCINEMATOについて

『CINEMATO』は、株式会社EXIDEAが提供する動画制作・映像制作サービス。運営するEXIDEAは、動画マーケティング、SEOマーケティング、オウンドメディア、Web広告配信、リタゲ広告など、海外最先端のコンテンツマーケティングを提供する会社です。