03-6222-9737 平日10:00~19:00
(土日祝を除く)
お問い合わせ CONTACT
/ マガジン
動画制作の依頼方法を徹底解説!成果を出すためのポイントを紹介します。

映像制作を注文するときのポイントとは?

映像制作を注文する

近年、YouTubeやTwitterを筆頭とするSNSで、Web動画広告やサービス紹介動画などの動画需要が年々高まりを見せており、フリーランスの方も増えたことで、以前より安価に動画制作を依頼することが可能になりました。

それでは料金の安いところに依頼すればよいのか。そうではなく、動画制作で重要なのは「動画でどの課題を解決したいのか」をはっきりさせ、その課題を解決してくれる会社に依頼することです。

そうは言っても下記のようなお悩みを持たれることと思います。

「動画制作の依頼を考えても何から始めればよいかわからない。」
「動画制作は、どこに依頼するのがおすすめなのか。」
「依頼する際のポイントは何か。」

そこで本ページでは、動画制作を依頼するポイントや依頼先の特徴やメリット・デメリット、会社の選び方を紹介し、皆さまが動画制作を依頼する会社選びのお手伝いをいたします。

それでは早速、まずは「動画制作依頼から動画納品までの流れ」を確認していきましょう。

動画制作の流れ

動画制作を依頼する会社には大きく分けて4種類のタイプがあります。

  • 広告代理店
  • 動画制作会社(プロダクション)
  • 動画制作会社(フリーランスと共同制作)
  • フリーランス(個人事業主)

いきなり説明するとわかりにくいため、各企業の特徴を説明する前に動画制作の流れを紹介いたします。工程を知ることでどのような企業に依頼するべきなのかの参考になります。

打ち合わせ

依頼先が決まったら、依頼者(クライアント)と制作会社でどんな動画を作りたいのかイメージを共有します。

この段階では単純に動画のイメージを共有するだけでなく、経営課題は何か、動画で何を解決したいのかまで詳細にヒアリングしてもらうことがポイントになります

企画構成

ヒアリングの内容をもとに、誰に届けるのか、何を伝えたいのかなどコンセプトを明確にしておく必要があります。また、コンセプトを決めたあとは、動画の演出方法、撮影のための準備が必要です。

企画構成は、動画制作の設計図とも言えるもっとも重要な工程です。こちらを軽視すると効果のでない動画となってしまいます。

映像制作(実写撮影・アニメーション・CG)

企画構成が決まれば、スケジュールに沿って映像を作成していきます。

動画の種類によって、制作期間や費用に違いがでます。

編集

制作した映像の編集作業の工程です。

シーンのつなぎ、BGM追加、色味補正など、エフェクトの追加など、各素材に編集を加えイメージした動画へと昇華させます。

納品

納品前にクライアントの確認を取ります。そこで発生した改善要望を修正し、OKがでれば無事納品完了です。制作会社によっては、納品後の効果測定などコンサル業務を担う企業もあります。

以上、動画制作を依頼した後における流れを簡単に説明しました。

まだどこに注文すればよいのか検討が付きませんよね。
続いては、動画制作の依頼先における選択肢ごとの特徴を確認していきましょう。

依頼先別の特徴とメリット、デメリット

先程も紹介したように、動画制作の依頼先として主に以下4つの選択肢があります。

各制作会社の特徴を知ることで、どのような会社へ依頼するかの参考になります。

  • 広告代理店
  • 動画制作会社(プロダクション)
  • 動画制作会社(フリーランスと共同制作)
  • フリーランス(個人事業主)

ここでは、それぞれの制作会社の特徴とメリット、デメリットを紹介していきます。

広告代理店

色々な媒体(テレビ・WEBCM・街中広告など)についての広告戦略・メディア活用方法についての知識・経験が豊富な広告代理店。代表例は電通・博報堂・サイバーエージェントなど。

「全国的な展開で、多種多様な媒体や方法を使って露出をしたい」など大規模な動画広告を打ちたい場合などには広告代理店に相談するのがおすすめです。

代理店はたくさんの動画制作クリエーターを抱えており、クライアントの費用感に合わせて提案してくれることが多いです。

何より豊富なマーケティングノウハウはあなたのビジネスやブランドの大きな助けになります。

ただ代理店は外部のパートナー会社と協同・委託して動画制作を行います。

クライアントと制作会社の間に代理店が入ることで、やり取りがブラックボックス化してしまったり、スピートが落ちたりすることが課題。

■メリット

  • 企業の事業目的に沿った企画立案から、動画納品までを丸投げすることが可能。
  • ほぼ全ての動画の種類に対応することができるため、ジャンルを問わず動画制作可能。

■デメリット

  • 依頼料金が高額なため、一定以上の予算がない場合は依頼できない。
  • 当初の動画イメージにあった動画が実現できないことがある。
  • スピード感が遅くなる可能性が高い

動画制作会社(プロダクション)

その名の通り、動画制作、編集を専門の業務として運営している会社です。広告からYouTube動画まで幅広く請け負うことが特徴。

代表例はaoi pro・太陽企画・東北新社など。

ディレクター(監督)、動画・写真のカメラマンや編集、CGデザイナー、構成作家など、動画制作方法の知見に長けたプロフェッショナルが在籍していることがほとんどです。

また、多くの制作実績があるので音楽素材や写真素材などのストックを多く持っていることが多いです。動画制作の目的や狙いが明確であれば、効果的な方法にて動画制作をしてくれることでしょう。

■メリット

  • 依頼主が動画コンセプトさえうまく立案できれば、代理店よりも安価でかつ質も高い動画制作が可能。
  • 1社で動画制作を完結できるため楽。

■デメリット

  • 依頼主側が、事業目的に紐づいた動画コンセプトを立案・企画する必要がある。動画制作の経験がない方にとっては、難易度が高い。
  • 1社で完結するがゆえに、動画ジャンルが限られてたり、似通った動画になりやすい。事前に会社の制作実績等から確認が必要。

動画制作会社(フリーランスと協業)

自社で動画制作のコンセプト提案から、企画構成を主に担う。動画撮影や編集はフリーランスの方と協業する制作会社です。代表例は、cinemato・プルークス・ローカスなど。

企画内容と相性がよく、信頼のあるプロフェッショナルなクリエイター等とチームを組んで、動画制作、編集をすることになります。

自社で動画制作チームを抱えないため、柔軟な対応が可能。また、ハイクオリティな動画制作や、他の制作会社と比較してスピーディーな対応と低価格な料金設定が魅力的です。

プランナーに実力がなければ、企画構成だけを担う会社に依頼は集ままりません。必然的に高度な技術を持ったプロフェッショナルなプランナーが集まります。

■メリット

  • 企業の事業目的に沿った企画立案から、動画納品までを丸投げすることが可能。
  • 単価もある程度抑えることができる
  • ほぼ全ての動画の種類に対応することができるため、イメージする動画制作を実現できる。

デメリット

  • 協同・委託するフリーランスチーム次第で動画のクオリティが変動する可能性がある。

フリーランス(個人)へ依頼

とにかく料金を抑えたいなら、全国のフリーランスや企業と仕事のマッチングを媒介するクラウドソーシングサイトで募集するのもありです。

依頼主側で発注金額を指定できる事が多いので、動画制作予算が限られている場合には検討してみるのも良いでしょう。

ただし、レスポンスが悪かったり、修正になかなか対応してくれないクリエイターがいたりと当たり外れもあります。

また、もっとも重要なコンセプトづくりは依頼主がやる必要があるため、動画制作に慣れていないと満足のいく動画制作にならない可能性が高くなります。

■メリット

  • 動画制作にかかる料金が格段に安い。
  • 小さな改善や編集依頼をその都度できたりと小回りが利く。

■デメリット

  • 制作の企画立案をクライアントが行う必要がある。動画制作の経験がない方にとっては、難易度が高い。
  • 予算管理や撮影地の手配、キャスティングや音楽制作などの役割をクライアントが担う必要がある。
  • 人によって当たり外れがある

以上、種類別に制作会社を確認してまいりました。

それぞれの特徴を、項目毎に★1~3で評価を表にまとめているので参考にしてください。

広告代理店 プロダクション 共同制作 個人
料金 ★★ ★★ ★★★
ジャンル ★★★ ★★ ★★★
ディレクション ★★ ★★
ビジネス理解 ★★ ★★★
マーケティング ★★ ★★ ★★
企画力 ★★★ ★★ ★★
進捗管理 ★★ ★★ ★★
予算管理 ★★ ★★ ★★
撮影手配 ★★★ ★★ ★★★
編集 ★★★ ★★★ ★★★ ★★

いかがでしょうか。皆さまが動画制作を依頼できる4つの会社の特徴を掴めたでしょうか。

どこに依頼してもメリット、デメリットがあります。では実際にどのような動画制作会社に依頼するのがベターなのか。

続いては、動画制作を依頼する際に抑えたいポイントを確認していきましょう。

依頼する際に確認したい3つのポイント

ここでは動画制作を依頼するにあたって、どのような制作会社を選定すればよいのか、3つのポイントをご紹介します。

自社の経営構想まで把握してくれる会社

動画制作において設定する目標は、会社の事業戦略と紐づいている必要があります。言い換えると、動画制作で掲げた目標達成の延長線上に、事業戦略がない動画制作は効果が薄いといえます。

例えば、ある商品を100個売るという目標があったとします。仮に動画広告の再生回数100万回を達成したとしましょう。

しかし、動画が100万回再生されたとしても、商品は1つしか売れなかったとしたらそれは成果の出る動画と言えるのでしょうか。

再生数が1万回再生だったとしても、商品を100個買ってもらえる動画が事業戦略に基づいた成果の出る動画といえます。

どういった事業戦略を掲げていて、それは何を目的としていて、その目的のために他に行っている戦略は何で、目的達成のために足りない点は何で、その上で動画制作を導入することで事業の目標にいかに貢献するのか。

ここまで把握した会社へ動画制作を依頼するのが成功への近道です。

マーケティング視点を持っている会社

動画制作を依頼する会社がマーケティング視点を持っていることは、プロジェクト成功の大きな原動力になります。

マーケティングの知見を持ちつつ動画制作を進めることができる会社であれば、動画制作の段階から、広告運用のフローも考慮した目標を策定してくれるでしょう。

一方で、動画制作会社と広告運用会社を別々に依頼してしまうと、戦略に一貫性が取れず最適なターゲットにリーチできない可能性があります。

したがって、動画制作のプロに加えて、広告運用もできるマーケティングのプロ会社に依頼するのがよいでしょう。

動画制作ジャンルが豊富な会社

多様な制作ジャンルを展開しているかという点は、動画制作会社の依頼を検討する上で大事なポイントです。戦略的な動画の構想ができたとしても、それを実現する手段が乏しければ効果的な動画制作は行なえません。

例えば、アニメーション映像なのか、実写映像なのか、CGなのか。

多種多様な表現方法がある中で、皆さまのイメージする動画を創り上げられるかは動画制作会社の扱うジャンル、クリエイターの実力次第です。

表現できる引出しの多い会社に依頼することで、皆さまの掲げる目的に沿った最適な動画を制作できるといえます。

以上、動画をホントの意味で利用するのであれば、料金だけでなく事業課題を解決できるかを指標にするのがおすすめです。

動画制作にかかる料金と、課題を解決した先にある利益を見比べてみて、依頼する制作会社を決めましょう。

依頼する会社を決めるポイントまとめ

  1. 経営構想まで把握してくれる会社
  2. マーケティング視点を持っている会社
  3. 動画制作ジャンルが多岐にわたる会社

依頼を考えている会社がこれらのポイントを抑えているかを見定めるためには、問い合わせることがおすすめ。

その際はいきなり「依頼します」とするのではなく、まずは「相談」をしてみましょう。多くの会社は無料相談としてヒアリング・簡易的な打ち合わせを行ってくれます。

担当者との対話の中で上記のポイントを満たしているか見出すこともできる他、見積書を提示してもらうことで皆さまの会社予算と動画制作にかかる費用を照会することも可能です。

概ねどこの会社も、問い合わせから相談までを無料で行っております。弊社CINEMATOでも無料でご相談を承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください!

動画制作・映像制作ならCINEMATOにお任せを。

ここまで動画制作を依頼する会社を選ぶポイントや、その特徴を解説いたしました。

事業を成功させる動画制作を実現するには、依頼する会社の選定は非常に重要。依頼先には広告代理店や、動画制作会社、フリーランスなど様々な選択肢があります。

動画制作依頼において重要なのは、動画を利用してあなたの課題を解決できるかどうか。

それぞれの特徴や得意領域をしっかりつかみ、依頼主の課題を解決できそうな動画制作会社を選ぶのが成功のカギです。

CINEMATOは、グロースハッカーや経営コンサルティング出身のメンバーで構成されており、経営課題の洗い出しから、最適な動画広告運用まで幅広くご提案可能です。

動画制作・映像制作の依頼をお考えなら、CINEMATOまでお問い合わせいただければ幸いです。

ご覧いただき誠にありがとうございました。