/ マガジン
動画制作の料金相場はいくら?撮影にかかる費用詳細や事例を紹介します。
動画制作にかかる相場や費用項目の紹介

事業を進める上で見過ごせないものとなってきた動画の活用。サイバーエージェントの試算によると、動画広告市場は2024年に4,957億円になるとも言われています。

動画活用を検討したいけど、「やっぱり高いのかな」と料金が気になりますよね。また動画制作にかかる相場は、中々わかりづらいのも事実です。

「予算の範疇でどのような動画制作が可能なのか知りたい」
「動画制作にかかる料金を知り、予算を確保したい」

本ページでは、業界最先端のノウハウを持つ動画プランナーが、上記のようなお悩みを解決いたします。動画の種類別にかかる料金相場から、工程ごとの費用、また料金を抑える秘訣まで詳細にご紹介しております。

この記事を読めば、当社の制作事例を参考に皆さまが作りたいと考える動画が「いくらで制作できそうなのか」、その料金を具体的にイメージしていただけます!

それでは早速、動画制作の料金相場から確認していきましょう。

動画制作の料金相場

初めに、動画の種類について見ていきましょう。動画は演出ごとに大きく3つに分類されます。

アニメーション動画
イラストや、グラフィックのみで構成された動画。

実写動画
撮影した素材を編集し制作した動画。

3DCG動画
3次元(3D)グラフィックで構成された動画。
※3DCGとは、3次元コンピューターグラフィックスの略です。

依頼主様が求める表現や、予算に合わせて動画の演出方法を決めていきます。

では動画制作1本あたりにかかる料金はいくらでしょうか。相場は下記の通り。

種類 相場
アニメーション動画 50-100万円
実写動画 100-200万円
3DCG動画 150-300万円

このように、動画の演出によって相場が異なります。

ただ、いきなり制作会社に「動画制作1本にかかる見積もり額はこれくらいです。」と言われても納得いきませんよね。

動画制作では、「企画構成→映像制作→編集→納品」という工程を踏みますが、どの工程に、どれくらい料金がかかるのか、その費用相場の内訳を見ていきましょう。

まずはアニメーション動画の場合から。

アニメーション動画

アニメーション動画の相場は、50-100万円。他の演出方法よりも、映像制作にかかる料金が安いことが特徴です。

企画構成費用 5-30万円
プロデューサー費用 10-50万円
ディレクター費用 10-50万円
イラスト作成費用 5-50万円
オフライン編集 10-50万円
オンライン編集 5-50万円
ナレーション費用 5万円
BGM、SE 5-15万円

実写動画

実写動画の相場は、100-200万円。撮影にたくさんのスタッフや機材、場所代を必要とするため価格も高くなります。

企画構成費用 5-30万円
プロデューサー費用(1日撮影) 30-100万円
ディレクター費用(1日撮影) 30-100万円
カメラマン費用(1日撮影) 5-10万円
ライトマン費用(1日撮影) 3-10万円
録音費用(1日撮影) 3万円-10万円
スタイリスト費用(1日撮影) 5-10万円
ヘアメイク費用(1日撮影) 5-10万円
キャスト費用(タレントを覗く/1日撮影) 10-20万円
エキストラ費用(タレントを覗く/1日撮影) 1-3万円
カメラ本体費用(1日撮影) 5-15万円
レンズ費用(1日撮影) 3-10万円
照明機器費用(1日撮影) 3-10万円
スタジオレンタル費用(1日撮影) 15-35万円
ロケ地レンタル費用(1日撮影) 10-25万円
カラーグレーディング費用 10-30万円
オフライン編集 10-30万円
オンライン編集 5-10万円
ナレーション費用 5万円
BGM、SE 5-15万円

3DCG動画

3DCG動画では、3DCGを作成するのに時間や技術を要します。そのため、他の動画と比較して料金が高くなる傾向にあります。

企画構成費用 5-30万円
プロデューサー費用(1日撮影) 30-100万円
ディレクター費用(1日撮影) 30-100万円
モデリング費用 30-200万円
オフライン編集 30-150万円
オンライン編集 30-150万円
ナレーション費用 5万円
BGM、SE 5-15万円

以上、ここまでで動画制作の費用の内訳をご紹介しました。

動画制作1本にかかる料金相場や費用は、おおよそ理解できたのではないでしょうか。ただ、まだ「どのような動画を作ったらいくらかかるのだろう?」とイメージがつかないかと思います。

そこで次に、弊社CINEMATOの制作実績をもとに料金を確認していきましょう。

あなたが作りたいと考える動画に近いイメージのものと比べれば、より明確な料金イメージを持っていただけます。

事例で知る、動画制作にかかる料金相場

ここでは弊社CINEMATOが実際に制作した動画と、その動画の尺、弊社が動画制作を担当した範囲、見積もり費用を掲載しています。

皆さまが作りたいとイメージする動画と照会することで、動画制作に実際にかかる料金相場を比較してみてください。

事例1:freee株式会社様

動画種類 実写動画(プロモーション)
30秒程度(実写の場合、尺は料金にあまり影響しない)
動画制作担当範囲 ・企画
・キャスティング
・撮影
・編集
・音楽制作
参考料金 200-250万円

事例2:弊社Emma Tools™️

動画種類 アニメーション動画
1分程度
動画制作担当範囲 ・企画
・編集
・音楽制作
参考料金 70-90万円

事例3:東京海上アセットマネジメント株式会社様

動画種類 アニメーション動画
4分程度
動画制作担当範囲 ・企画
・編集
・音楽制作
参考料金 100-150万円
(尺が非常に長いのと、一部3D表現があるため特例的にこの料金)

事例4:freee株式会社様

動画種類 3DCG動画
15秒程度
動画制作担当範囲 ・企画
・グラフィック作成
・編集
・音楽制作
参考料金 120-150万円

いかがだったでしょうか。どんな動画にいくらかかるのか?動画の種類ごとにかかる料金は、おおよそ想像できたのではないでしょうか。

次に、どうして上記のような費用がかかるのか、その理由をご紹介します。

【演出別】費用がかかるポイント

ここでは、これまで紹介した料金がどうして発生するのか、その詳細を解説いたします。

「アニメーション動画」「実写動画」「3DCG動画」の順に見ていきましょう。

アニメーション動画の場合

アニメーション動画制作の料金相場は50〜90万円。

この料金差は、アニメーション素材に「既存の素材を使用するのか」「新規で素材を制作するのか」が大きく影響します。

では実際に「既存の素材を使用する場合」と「新規で素材を制作する場合」2つのパターンについて確認していきましょう。

既存の素材を使用する場合

既存素材を使ってアニメーション動画を制作する場合、料金相場は約50万円。代表的な表現方法は、以下のようなピクトグラム動画。ピクトグラムとは、非常口やお手洗いのアイコンのような絵文字イラストです。

既存素材を利用する場合、クリエイターが専門サイトからアニメーション素材を購入し動画制作を行います。すでにある素材を利用することになるため、新たにイラストレーターに依頼する時間や料金を削減できるため、比較的安く作成可能です。

新規で素材を制作する場合

新規で素材を制作してアニメーション動画を制作する場合の料金相場は80万円〜100万円。

オリジナルイラストを利用できるため、より自社のイメージに合わせた動画制作が可能になります。既存素材を利用する場合と比較して、自由な表現が可能です。

この場合、イラストレーターへオリジナルイラスト作成依頼が必要になります。そして、依頼者の考える動画イメージとすり合わせるため、イラストパターンを1枚1枚書き起こす必要があります。

イラストレーターが時間をかけて、素材を1から作成するため料金が高いのです。

オリジナルイラストを使う表現方法では以下の動画のようなテイストに仕上がります。


重要なのは、皆さまがイメージする動画を制作にあたって、既存素材で十分表現できるのか、新規イラストを書き起こししないと伝えたいことは表現できないのかという視点。予算があるから新規で書き起こすという基準ではなく、「動画で伝えたいことを再現できるかが重要です。

実写動画

実写の動画制作の料金相場は100-200万円。

料金に幅があるのは、動画制作に関わるスタッフの人数や機材代、場所代など映像撮影に費用がかかるためです。

実写撮影にかかる料金のイメージがわかりにくいと思うので、実際の2つの事例(インタビュー動画、Web CM動画)をもとに解説していきます。

実写版インタビュー動画

こちらのインタビュー動画の制作にかかった料金は50万円程度。


一般相場よりも安く制作できた理由は、人件費や機材代などを最小限に抑えられたためです

キャストに依頼主側の社員が出演したり、撮影場所を自社オフィスを利用するなど、最低限の人件費に抑えることができました。参加したスタッフはディレクターとカメラマンのみ。

ディレクターとカメラマンが兼任するケースもありますので、2~3名体制でプロジェクトを進めることも可能です。

このように、工夫次第では実写映像も安くできます

実写版WebCM

こちらのWebCMにかかった動画制作料金は300万円程度。

他と比べて高く感じますが、非常に演出に凝っています。動画制作に大勢のスタッフ(20-30名)が関わりプロジェクトを進行しているため、必然的に料金が高くなります。

携わったスタッフは、プロデューサー、ディレクター、カメラマン、カメラマンアシスタント、照明、照明アシスタント、制作部、メイク、スタイリスト、美術スタッフ、キャスト、エキストラ。

上記のように実写動画制作において、料金を大きく左右するのは人件費です。

他にも役割が増えた分の機材費や撮影場所、グラフィック編集の有無によっても最終的な料金に差が生じます。

皆さまがイメージする動画制作にかかる具体的な金額が知りたい場合は、制作会社に相談するのがおすすめ。

CG動画

CG動画制作の料金相場は150-300万円。

他の演出方法よりも少し相場が高くなります。なぜこのような高い料金がとなるのか、その理由をご理解いただくためにCG動画制作の工程を知っていきましょう。

CGを利用した動画制作には「モデリング」「テクスチャをつける」「動かす」「書き出す」という4工程があります。まずは4工程で何をしているのか、確認していきましょう。

モデリング

モデリングとはCGの型を作る作業。わかりやすく言うと、粘土で表現したい物を形作るようなイメージです。

このモデリングを忠実に再現するほど作業工数が多くかかり、料金は高くなります。

一方、既存モデルをサイトから購入することで料金を抑えることが可能。

テクスチャーをつける

テクスチャーを付けるとは、モデリングされたものの材質を決める作業。例えば、ツルツルした質感が良いのか、マットな質感が良いのかを決めます。

モデリング同様、忠実に再現するほど料金は高くなります。

動かす

ここでいう動かすとは、物体の動かし方、ライティング、影の付け方をどのようにするかを決めるということ。

CG動画制作の場合は、様々な動きを3D空間で考える必要があります。

料金設定はとてもシンプル。複雑な動きになればなるほど作業工数がかかるため、料金は高くなります。

書き出す

書き出すとは、ファイル形式を一般的なものに変えること。より多くの人が再生できる動画形式に設定します。

書き出しの工程では、書き出しを専門に行うレンダーファームに依頼をするのが一般的。

しかし、料金を抑えたい方は、この書き出し作業を個人で行うことで、外注費を抑えることができます。ただ個人で行うと、動画の内容にもよりますが、2週間ほど時間がかかることもあるため注意しましょう。

以上のように、3DCGを利用した動画では、その手順の複雑さが料金に大きな影響を与えます。

それでは、動画制作にかかる料金の内訳や、相場がわかってきたところで、動画制作の費用を抑えるポイントをご紹介いたします

動画制作の費用を抑えるポイント

皆さまが動画制作を依頼しようとした際、仮に予算を確保できなかったとしても諦める必要はありません。

ここでは、動画制作の料金を格段に抑えるポイントを7つご紹介します。一つ一つ確認していきましょう。

動画制作会社に直接発注する

皆さまが動画制作を依頼する窓口としては、大きく4つに分けられます。

  1. 代理店
  2. 動画制作会社(プロダクション)
  3. 動画制作会社(フリーランスと共同制作)
  4. フリーランス(個人)

それぞれの違いを簡単に説明しましょう。

■代理店
制作会社と依頼者の間に入り、どこの制作会社に依頼するのがベストか旗振り役を担います。

■プロダクション
自社で企画から映像作成、編集まですべて自社で担います。一社で動画制作を完結可能。

■フリーランスと共同制作をしている制作会社
主に企画構成を受け持ち、撮影や、編集などは基本的にフリーランスのクリエイターへ依頼します。プランナーの意図柔軟な対応が可能。

■フリーランス(個人)
個人で動画制作を担い、安い料金で制作可能なことが多い。ただし個人のスキルにより動画制作のクオリティが左右される。

上記4つの中でも下に行けば行くほど、料金が安くなる傾向にあります。

代理店に依頼すると依頼主(企業)と制作者の間に入る会社が増えるため料金が高くつきます。プロダクションは一社で動画制作を完結できますが、その分たくさんの受注を捌けず料金は高くなる傾向に。そのため、動画制作会社(共同制作)やフリーランス(個人)に依頼する方が、よりお得に動画制作可能です。

しかし、ただ安く動画を作れればよいわけではありません。そもそも動画を誰に、何を届けるのか、その本質を理解した制作会社に依頼することが重要です

また、発注する際も外注依頼ではなく、皆さまが直接依頼するのも料金を抑える一つのポイントです。

企画を自社で担当する

動画制作に関する料金の中で高額な項目の1つが、企画構成費用です。

企画構成にかかる料金相場は、5-30万円。

この企画構成の工程を依頼会社に任せるのではなく、皆さまが請け負うことで、見積もり額を圧倒的に抑えることが可能です。

ただし、企画構成は動画制作においてもっとも重要な工程。この企画構成が動画のクオリティ、今後の動きを全て決めるといっても過言ではありません

動画制作の企画経験がある場合以外は、依頼した担当者の方に任せた方が得策と言えます。

エキストラとして社員の方に出演してもらう(実写映像)

実写映像の撮影では人件費が見積もり額に大きな影響を与えます。キャストの代わりに自社社員の方に出演してもらうことで、料金を格段に抑えることができます。

またエキストラ(キャスト)費用に加えて、撮影時に衣装やヘアメイクにこだわりがなければ自前で準備してもらいましょう。ヘアメークアーティストやスタイリストに来てもらう必要がないため、20万ほどの料金減額が見込めます。

撮影日数を1日に抑える(実写映像)

実写映像の撮影は、1日単位で料金が大幅に変動します。撮影費用の相場としては、1日だと約30万円、2日だと約50万円。

つまり、一日で撮影完了できれば、約20万円もの料金を抑えることができます

人件費とも関連しますが、機材レンタルや、場所代も一日単位の料金になります。撮影日数を極力減らして、動画制作にかかる料金を抑えましょう。

地方で撮影しない(実写映像)

映像撮影時、撮影場所として地方を選ばなければ、ロケ地費や旅費、交通費などの諸経費を抑えることができます。

またロケ地はオフィスがおすすめです。自社の雰囲気も伝わる上、ロケ地費用がかかりません

実際に、企業のPR動画を製作する際はオフィスで撮影するケースが多々あります。

イラスト素材を提供する(アニメーション動画)

先述したようにアニメーションに使用するイラスト素材は、既存のものを利用する場合と、新規で作成する場合に分けられます。

中でも安価なのは既存のイラスト素材を使用してアニメーション動画を制作する場合で、料金相場は50万円。実は、ここからさらに安くできる方法があります。

既存の素材を利用する場合でも、クリエイターがアニメーションのイラスト素材を購入しています。ここでクリエイターによるイラスト素材購入ではなく、皆さまがフリー素材等を提供することで料金を抑えることが可能に。

もし仮に、社内でイラスト制作が可能な方がいるのであれば、オリジナル素材を用意しましょう。他社と差別化できる上に、格安料金で動画制作を依頼できます。

音楽をフリー素材のものにする

動画制作において音楽は重要な演出の一つです。費用項目としては、BGMやSEが該当します。BGMの料金相場としては、5分未満の尺で、3~5万円程度。

BGM制作には、メロディを考える作曲家や、カスタマイズする編曲家、加えてその音楽をまとめ上げる音楽クリエーターなどが携わるため当然料金がかかります。

費用を抑えたければ、フリー素材の音楽を使うことでその費用を抑えることが可能です。

スマホで音声を切ったまま動画再生する機会も増えた昨今、もしBGMに特別こだわりがなければフリー素材で十分と言えます。

以上、動画制作にかかる料金を抑えるポイントを紹介してまいりました。まとめると下記のようになります。

料金を抑える7つのポイントまとめ

  • 動画制作会社に直接発注する
  • 企画を担当する
  • エキストラは社員の方に依頼
  • 撮影を一日で完結させる
  • 近場/オフィスで撮影する
  • イラスト素材を提供する
  • フリー素材の音楽を使用

上記の7ポイントを抑えられれば、動画制作にかかる料金をぐっと抑えることが可能です。

動画・映像制作のご相談ならCINEMATOまで。

いかがだったでしょうか。

ここまでで、動画制作の料金相場から、実例をもとにした料金、そして料金を抑えるポイントまでを解説してきました。

少しでも安価な料金で動画制作を進めることも勿論大事ですが、それより大切なことは、自社の目的に合わせた最適な動画制作を行うことです。

そうした動画制作・映像制作に関するお困り事があれば、お気軽にCINEMATOにご相談ください!多様な料金プランをご紹介することも可能です。

CINEMATOには、グロースハッカーや経営コンサルティング出身のメンバーが在籍し、各メンバーはこれまでに300本~500本もの動画広告を制作・運用をお手伝いしております。

ご相談に料金は一切かかりませんので、是非ともお気軽にお尋ねください。本ページが皆さまの動画制作・映像制作の成功並びに事業拡大のお役に立てれば幸いです。

ご覧いただき誠にありがとうございました。

CONTACT


お問い合わせ
お問い合わせフォーム