03-6222-9737 平日10:00~19:00
(土日祝を除く)
お問い合わせ CONTACT
「経営に、気づきと、決断力を。」ースモールビジネスチャンネルを通して伝えたい新たなブランド体験ー

freee様インタビュー

皆さんこんにちは。広報PR担当の川原です。

今回は顧客インタビュー第8弾。freee株式会社で、freee Brand Studioに所属する小川さまにお話を伺いました。

本インタビューでは、2020年7月に開設したスモールビジネスチャンネルのお話を中心に、今後の展望についてお話いただきました。

ぜひご覧ください。

インタビュイー:freee株式会社 小川さま 
担当プランナー:動画マーケティング事業部 宮原 
インタビュアー:コミュニケーションデザイン室 川原

事業内容・業務ミッション

オフィスイメージ

御社の事業内容と小川さまの役割についてお聞かせください。

freeeは、「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと2012年に設立されました。

クラウド型会計ソフトを皮切りに、人事労務や会社設立支援と、スモールビジネスの経営の成長をサポートするクラウドサービスを開発・提供しています。

私はfreee Brand Studio(フリーブランドスタジオ)という全社的な横断チームに所属しています。具体的には、全社的なクリエイティブの品質管理・向上をはじめ、freeeのブランド体験設計、コンテンツの企画・制作を担当しています。

その他には、ユーザー向けのイベント開催もしています。最近ですと、2020年2月に六本木で「確定申告FES」を開催しました。確定申告という大変な作業をフェスという楽しい場と掛け合わせて、その場で確定申告ができるというものです。

確定申告FESの詳細はこちら。

今後は、「自動で、経営を軽くする。」をブランドの体験価値として、スモールビジネスを心理的にも実務的にも軽くすることを体験価値として世の中へ提供していきます。

動画の狙いとご支援の背景

small-business-channel

動画を始めたきっかけ・狙いについてお伺いしたいです。

これまで御社には、freeeの紹介動画・事例動画の制作をお願いしてきました。今回は2020年7月に開設したスモールビジネスチャンネルに絞ってお話させていただきます。

そもそも、スモールビジネスチャンネルは、多くの方に今までとは違う弊社を知って頂きたい想いから始まりました。弊社の一般的なイメージは、会計・人事労務のサービスを提供している会社だと思います。

しかし、弊社が目指しているのは、「スモールビジネスを、世界の主役に。」です。そのため、目指している姿に合わせて、世の中に認知していただくために、この取り組みを始めました。

また、スモールビジネスチャンネルには「経営に、気づきと、決断力を。」というタグラインを設定しています。スモールビジネスの方々の決断の質が少しでも高まり、経営が上手くいくための支援がしたいと思っています。

数ある会社さんの中で、弊社を選んで頂いた理由はなんでしょうか?

御社の塩口さん(弊社取締役COO)と宮原さんなら、信頼してお任せできると思ったからです。

具体的には、スモールビジネスの特性を一番理解してくださっていると思った点。その他にも、動画のクオリティの高さ、一見抵抗感を覚えそうな会計領域を進んで理解してくださるところもですね。

実際に進めさせていただいても、私たちの要望を上手く汲み取って頂いていますし、融通も聞いていただき大変助かっています。

ご支援の成果と今後への期待

インタビュー

動画の効果はいかがですか?

塩口さん、宮原さんにはかれこれ数十本は動画制作依頼をさせていただいていまして。例えば、アクイジション系のPR動画は大きく効果が出ています。

具体的な数字は控えさせていただきますが、その効果の高さを他社さんに記事にしていただくほどです。

スモールビジネスチャンネルについては、走り出したばかりではありますが、手ごたえを感じています。今後に期待していきたいですね。

今後、弊社に期待したいことやfreee Brand Studioとしての展望についてお聞かせください。

そうですね…これまで通り、末永くお付き合いさせていただきたいです。笑

あえて言うならば、これまで1~2ヶ月の短期プロジェクトでの取り組みが多かったので、もう少し足の長いプロジェクトでご一緒したいですね。

今後の展望でいいますと、あらゆるステークホルダーとの接点を増やすことはもちろん、そのポイントごとでfreeeらしさを感じていただける体験を設計していきたいです。

「自動で、経営を軽くする。」というブランドの体験価値と、スモールビジネスを心から応援しているという想いを感じていただけるように頑張りたいです。